×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルバイトと就職

アルバイトと就職研究

メニュー| アルバイト探しを有利に | アルバイト探しサイト | 履歴書に書けるような資格 |

アルバイト探しサイト

アルバイト探しサイト

アルバイト探しサイトなんかでよく資格のことに言及されたりしていますね。まあ資格に関してはそれほど心配することはないようです。資格があるに越したことはありませんけど。

就職やアルバイト探しにおいて、資格はもちろんないよりはあったほうがいいのですが、絶対ではありません。それに資格が就職後の仕事のよしあしを決定してしまうものでもありませんし。たとえ資格がなくともそれまでの職歴やスキル、また経験がなくとも熱意や人柄は面接などで評価されるものです。

まあでも資格を取っておいてアルバイト探しや就職で損はないですよね。

資格さえ持っていれば・・・就職で少し有利になるでしょう。でも、入社後の昇給ではどうでしょうか?昇格では資格は?やっぱりそこへくると実際の成績がものを言うのでしょうね。

新卒の人を採用するときは人柄や熱意や学歴からその人の可能性を評価するのでしょう。アルバイト探し・中途採用の場合は、即戦力として使えるかを重視するのでしょう。

したがって、採用する側にしてみれば、企業が求める人材像の経験、スキル、実績といった採用基準をきちんとカバーできているかどうかをまず確認するでしょうね。

履歴書や職務経歴書を提出して書類審査をしてもらっている時というよりも、むしろ、応募を検討している段階で、企業側が何を求めているのか、どんな人材を採しているのかということをきちんと理解できるかどうかがその後のアルバイト探し活動の大きなキーになります。勝負は、履歴書を書き始める前についていることも多いのでここはかならずチェックしましょう。

たしかにメリットがあるにはあるわけですが、それは、MBAが優遇されるのはあくまで新聞などの求人広告に書いてあるのは、せいぜい募集したい人間の年齢、職種、それに大まかな年収ぐらいのものですからもっと企業のことを知り、その時点できちんと戦略を練ることで他の方との差が出てきます。

企業もあなたの情報を分析してきます。企業側は多くの履歴書や職務経歴書を見ていますから、書類を見ただけでこの人が、自分たちが採用したい人材なのかはすぐにわかります。それは、自分たちが求める人材を判断するチェックポイントを理解しているからです。

履歴書や職務経歴書、自己PR文書をかんがみつつ採用担当者は書類選考をしていきますが、ご存知の通りここで思いっきり落としていきます。だってそんなにたくさんの人と面接できませんから。ということは就職やアルバイト探しにおいては気楽に見える書類選考こそ最難関であると言えなくもありません。

おわりに、就職やアルバイト探し活動をどうとらえるか考えてみます。

就職やアルバイト探しに必要なのはまずは情報収集ですね。最初に自分に関する情報をいろいろ整理してみる。それから就職したい業界や業種、職種、そして企業について情報収集してみる。その過程で次第にどんな会社どんな職場に就職・アルバイト探しすればいいか、イメージが出来上がってくるのだと思います。それが成功する就職・アルバイト探し活動の第一歩かと思われます。

[PR]内職転職