×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルバイトと就職

アルバイトと就職研究

メニュー| アルバイト探しを有利に | アルバイト探しサイト | 履歴書に書けるような資格 |

アルバイト探しを有利に

アルバイト探しを有利に

就職・アルバイト探しを有利にすすめるためには資格があったほうがいいに決まっていますけど、でも資格がなければないでも就職・アルバイト探しはなんとかなりそうですね。

まあ中には資格がなければ出来ない仕事もありますけどね。弁護士とか医師とか。でもそういうのを別にすれば、資格さえ持っていれば必ず仕事が手に入るというわけじゃありませんし、視覚を持っていなければ仕事がないなんてこともありません。資格があれば仕事上有利になることは確かですけど、それがすべてではありません。

資格には国家資格から一企業が認めるものまでいろいろありますけど。

アメリカではMBAを持っているだけで給料が他より高くなったりするそうですが、日本ではどうなのでしょう?学歴もあまり効果がなくなりましたし、資格もそうかもしれません。何を持つかより何ができるかなのでしょうね。

アルバイト探し時に採用してもらうためには、求人をしている会社とのマッチングを考えないといけませんよね。相手の会社が必要としている能力をこっちがまったく持っていないのでは採用は難しいでしょう。

求人をしている企業は、あなたの職歴や実績からスキルや能力を評価していきます。そしてその企業の求める採用基準を満たしているかどうかを分析するわけです。

自己分析をして自分の興味や自分の能力・スキル・経験・実績をすべて書き出しておきます。それから業界や業種、職種や企業について情報収集します。そうすると自ずと自分にあった職場、「自分のいるべき場所」がみえてきます。そこで初めて履歴書や職務経歴書を書き始めます。すでに自己分析は終わっているので履歴書や職務経歴書のネタには困りません。

順番としては自己分析や業界・企業に関する情報収集をしてある程度アルバイト探し先についてのイメージができてきたところで求人広告などの募集要項を目にする。「これだ!」ということで履歴書を書き始める、ということになるでしょうか。

企業のほうはというと履歴書や職務経歴書を見てあなたの情報を分析するわけですね。おそらく審査基準ができているでしょうからそれにあわせてチェックしていくのでしょう。企業によって履歴書や職務経歴書の何を重視するかは違ってくるのでしょうけどね。

履歴書や職務経歴書、自己PR文書をかんがみつつ採用担当者は書類選考をしていきますが、ご存知の通りここで思いっきり落としていきます。だってそんなにたくさんの人と面接できませんから。ということは就職やアルバイト探しにおいては気楽に見える書類選考こそ最難関であると言えなくもありません。

アルバイト探し活動に関する結論はこうなります。

国家も会社も個人に対して冷たくなってしまった現代において、アルバイト探しの知識は自分を守るための知識の一つだと思います。アルバイト探しに関する知識に限らず、資格に関する知識や資産運用に関する知識、独立起業・ビジネスに関する知識もたんにお金を稼ぐためというにとどまらず、自分の人生を守っていくための知識といえます。いわば経済的な「護身術」ですね。積極的に身につけていくべきです。

[PR]クレジットカード自宅 アルバイト